アニメ「葬送のフリーレン」ユーベルの名言・印象に残る台詞まとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「葬送のフリーレン」ユーベルの名言や印象に残る台詞をまとめました。

スポンサーリンク

第18話

ありがとう、助かったよ。私は魔法使いユーベル(ユーベル)

ユーベル初登場シーンの台詞。

鋭い目つき、うっすらと笑みを浮かべる姿はどことなく不気味さを感じます。

クラフトとの会話や、後の試験官の台詞で 人を殺すことへの抵抗が無いようですが、今後の展開にどう関わってくるのか楽しみです。

あと黒いワンピースかわいい!

スポンサーリンク

第19話

対人戦の時間だ(ユーベル)

シュティレ捕獲した後は対人戦があることを予測したユーベルの台詞。
嬉しそうな顔をしてるのが印象的でした。

どんな魔法を使うのか全容はまだ明かされなかったですが、防御魔法を使わず攻撃を回避してたことから身体能力は高そう。

第20話

視界に全身を収めてないと無理なのか(ユーベル)

ユーベルが一瞬の隙をついてヴィアベルに攻撃するシーン。

攻撃する瞬間ユーベルのジト目がガン開きになるシーンは、心から戦いを楽しんでいるサイコパスな雰囲気がありました。

第21話

他にどんな魔法使えるの?(ユーベル)
えっと、服が透けて見える魔法とか…使いませんよ(フェルン)

フェルンとユーベルの雑談シーン。

ユーベルが以外に羞恥心があるのも面白かったです。

あの「服が透けて見える魔法」がこんなシーンで出てくるとは。笑

第22話

メガネ君、君の分身は本人と同一の機能を持つほどの完璧な複製だ。
君は何を思って、どんな人生を歩んできたの?教えてよ(ユーベル)

ユーベルとラントの会話シーン。

お互い腹の中がわからない者同士だけに、緊張感のある会話でした。

ユーベルは共感した魔法を、感覚で使うことができるようですが、ラントの分身も使いたいのでしょうか?

今回、何故か2人でいるシーンが多かったですが、カップルみたいで面白かったです。

✼••┈┈┈┈••✼••┈┈┈┈••✼

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました