アニメ「青ブタ」第7話~8話の名言・印象に残るセリフまとめ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」第7話~8話の名言や印象に残るセリフをまとめました。

参考:アニメ「青ブタ」第4話~6話の名言・印象に残るセリフまとめ

スポンサーリンク

第7話「青春はパラドックス」

知ってますか?‬
‪人の目の高さから見える‬‪水平線までの距離は‬、約4キロメートルなんですよ‬(翔子)

★━━━━----———————

‪おはようございます お兄ちゃん‬(かえで)‬

★━━━━----———————

世界には 同じ顔をした人間が3人いるらしいよ(双葉)

★━━━━----———————

私が2人いるんだ

3日前から この世界には‬双葉理央が2人いる‬(双葉)

★━━━━----———————

はっきり言っとくが‬、双葉で出汁取った風呂のお湯で‬‪どうこうするつもりは ないからな‬(咲太)

出汁とか言ってる時点で死ね‬(双葉)

★━━━━----———————

彼氏の顔を見てる‬

ドキッとしたでしょ?‬(麻衣)

★━━━━----———————

上手にできるようになるまで‬ ‪私が何度でも‬‪練習させてあげるから‬(麻衣)

★━━━━----———————

そんなウソを梓川は信じたわけ?‬(双葉)

スポンサーリンク

第8話「大雨の夜にすべてを流して」

相反する目的と手段の間に‬強烈なストレスを感じていたことが‬‪私を乖離させた‬‬(双葉)

★━━━━----———————

私は私が嫌いなんだよ‬(双葉)

この世界に‬双葉理央は2人もいらない‬(双葉)

★━━━━----———————

高校に入るまでは‬‪こんな不安はなかった‬
学校でも家でも‬‪一人でいるのが‬‪当たり前だったから‬(双葉)

それが高校に入って‬、‪1年で梓川と国見と‬‪同じクラスになって‬、‪それから不安に思うようになった‬(双葉)

★━━━━----———————

泣くのなんて久しぶりで‬
でも… でも 私は…‬‪全然 一人じゃなかったんだ‬
‪一人じゃなかった‬(双葉)

★━━━━----———————

フッ…梓川と国見が‬‪女子だったらよかったのに(双葉)

★━━━━----———————

あ~ クソッ‬!‪ホンットめんどくせえ!‬‪双葉めんどくせえ!‬(咲太)

★━━━━----———————

この世界に‬‪双葉理央は2人いらない‬
‪もう一人の私は 私なんかより‬よっぽど上手に‬‪双葉理央をしている‬
‪この世界になじんでる‬
‪私がいなくなれば 全部 解決する‬(双葉)

★━━━━----———————

自分のことなんて‬‪別に嫌いでいいんだよ‬
‪僕は“まっ こんなもんだろ”‬って思いながら生きてる‬(咲太)

そんな前向きな生き方‬‪疲れるだけだろ‬(咲太)

★━━━━----———————

お願いがあるんだけど‬…‪私も一緒に花火 行きたい‬(双葉)

★━━━━----———————

最後までお読みいただき ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました